ウィンター&ロマンティック

 ウィンタータイプの人は、ブルーベースで明彩度のはっきりしたトーンがパーソナルカラーです。一方ロマンティックタイプの配色上のイメージは、ソフト/エレガントなどです。左のイラストのドレスのカラーは、優雅なパープル系のlt/ltgトーンですが、ウィンターの人には柔らかすぎる色調です。この場合、色相は紫系のまま明彩度を変化させたp/bトーンを用いて、色相共通の調和に基づいて再コーディネートをすることで、エレガントなロマンティックタイプのイメージをコントラスト感のあるウィンタータイプのカラーで再現出来ます。

ウィンタートーンによるエレガントイメージの再現例

アンサンブルドレスの女性のイラスト


irouseの解説キャラクターイラスト
ウィンタータイプは、コントラストのはっきりした色調が似合うので、ロマンティックタイプの柔らかな配色の際は、明るいパーソナルカラー同士の中にもトーンや色相でメリハリを持たせると効果的です。


その他のスタイリングの例は、下のテキストリンクよりご覧下さい。
スプリング&クラシック
サマー&アバンギャルド
オータム&カジュアル
ウィンター&ロマンティック

<<Image co-ordinate <<パーソナル・カラー&イメージ | このページのTop |
参考文献
「カラーコーディネーター入門/色彩 改訂版」日本色研事業部
「ファッション・スタイルプランニング」本山光子/ファッション教育社
「ファッションイメージ小辞典」遠藤雅弘/三一書房

当サイト内の画像や挿絵の無断転用はお断りいたします。
(C) IROUSE All rights reserved.