1980年代

八十年代モードや80'sファッションのイラスト 
 1980年代は、79年の第二次石油ショックの影響下に始まり、中期まで経済の低迷が続きました。日本では83年ごろから景気回復の兆しが見られるようになり、後に円高景気による地価や株価の高騰につながります。

 ファッションの世界では、フォークロアファッションは下火になり、ワイドショルダー・肩パットなどの構築的なデザインが主流になります。消費者の意識は個性化志向が高まり、「ブランド・ブーム」が起こります。後半になると、地球環境問題に視野を向けたフェイク・ファーや人工皮革など新素材が注目を集める一方、カジュアルなスタイルも人気を呼び、ファッションの多様化/個性化が進展しました。

 カラーでは、川久保玲や山本耀司が発表したモノトーンが世界的なブームを呼び、80年代を席巻しました。また、クラシックスタイルの再評価にともないダークカラー/ネービーなども定番色になりました。後半になると、エコロジー志向に基づくベージュ/ブラウンなどのエコロジーカラーが指示されました。

主な流行色


・ モノトーン
white

・ カジュアル/パステル

・ エコロジーカラー

irouseの解説キャラクターイラスト
経済復活・ライトでデコラティブなスタイルがもてはやされたこの時代は、ポップでカジュアルなカラーや、高級感を感じさせるカラーが流行しました。


その他の年代の流行色は、下のテキストリンクよりご覧下さい。
1950年代
1960年代
1970年代
1980年代
1990年代

<<Color history | このページのTop |
参考文献
「カラーコーディネーター入門/色彩 改訂版」日本色研事業部
「ファッションコーディネート色彩能力検定一級編」(社)A・F・T

当サイト内の画像や挿絵の無断転用はお断りいたします。
(C) IROUSE All rights reserved.