面積効果

面積の大小による色の見え方の違いをいいます。明るい色は小さな面積より大きな面積の方がより明度と彩度が高く感じられ、暗い色はより低明度に感じられます。

白と橙色のロゴTシャツを着た男性のイラスト
同じオレンジ色でも、「面積効果」によって、小さな模様のオレンジより、地色に使われているオレンジの方がより明るく鮮やかに感じられます。
irouseの解説キャラクターイラスト
小さな模様としてのオレンジは、白地とのコントラストによる「明度対比」の効果で、明度が低く錯覚されるため、大面積の物に比べて暗く感じられます。


その他の代表的な色の見え方は、下のテキストリンクよりご覧下さい。
対比・その1
対比・その2
視認性
同化現象
誘目性
面積効果

<<Color Harmony <<色の見え方の効果 | このページのTop |
参考文献「カラーコーディネーター入門/色彩 改訂版」日本色研事業部

当サイト内の画像や挿絵の無断転用はお断りいたします。
(C) IROUSE All rights reserved.