セパレーション

色と色の間に別の色で境界を入れて、それぞれの色を独立させ、より効果的な配色に変える技法です。セパレーションは、色同士を分離することで、強烈すぎる配色を和らげたり、弱すぎる配色を引き締めたりと、コントラスト感の調整機能を持っています。しかしあくまで配色内における補助的役割なので、、アクセントカラーのような目立つ色ではなく、無彩色・低彩度色などを使用します。

スタジアムジャンパーを着た男性のイラスト

irouseの解説キャラクターイラスト
左端では、明度の近い白とライトグレーの間に、低明度のダークグレイを、中央では、低明度/高彩度同士のカーキとブラウンの間に、同系色で高明度/低彩度のベージュを、左端では、同明度/高彩度同士のグリーンとレッドの間に、明度差のあるブラックを用いることで、セパレーション効果を生みだしています。


その他の色彩調和の概念は、下のテキストリンクよりご覧下さい。
PCCSにおける調和配色
ナチュラル・ハーモニー
セパレーション
アクセントカラー
グラデーション

<<Color Harmony <<色彩の調和 | このページのTop |
参考文献「カラーコーディネーター入門/色彩 改訂版」日本色研事業部

当サイト内の画像や挿絵の無断転用はお断りいたします。
(C) IROUSE All rights reserved.