膨張と収縮

図柄の形や大きさが同じでも、色によって大きく見えたり小さく見えたりする「大きさ知覚」の現象を「膨張色」「収縮色」といいます。一般的に、暖色系の方が寒色系より膨張してみえます。特に明度と大きく関係し、周囲の色が明るいほど図色は小さく収縮して見えます。

グレーと白のロゴTシャツを着た男性のイラスト
同じグレーの地色に配された模様で、左端の寒色であるブルーグレーより中央の暖色であるオレンジの模様がふくらんで見えます。同じオレンジでも、より明度の高い白い地色に配した場合は逆に縮んで見えます。
irouseの解説キャラクターイラスト
小面積の色は、周囲の色との明度の差による影響で、同じ色でもふくらんだり縮んだりして見えます。

その他の色の心理効果は、下のテキストリンクよりご覧下さい。
色相のイメージ
トーンのイメージ
温度
重さ
感情
進出と後退
膨張と収縮


<<Color Harmony <<色の心理効果 | このページのTop |
参考文献「カラーコーディネーター入門/色彩 改訂版」日本色研事業部

当サイト内の画像や挿絵の無断転用はお断りいたします。
(C) IROUSE All rights reserved.